おはようございます。フロントを担当しております安達と申します。
本日はバッテリー式のフォークリフトについてお話をさせて頂きます!

まずバッテリー式フォークリフトのメリット・デメリットを挙げます。

メリット
・排気ガスが出ない為環境に優しい
・原油高騰の影響を受けにくいので比較的ランニングコストが安定している
・エンジン式よりも音が小さいので騒音対策がしやすい 等々

デメリット
・エンジン式に比べてパワーやスピードの面で若干性能が落ちる
・充電が必要になるため作業時間に制限がある
・バッテリーの交換費用が高め
・濡れてしまうと不具合を起こしてしまう可能性がある為、雨の中での作業等には向かない 等々

現在では比較的屋外であればエンジン式、屋内であればバッテリー式を使うことが多いようです。


バッテリー式には大きく分けて2種類あり、それぞれカウンター式、リーチ式と呼ばれています。

カウンター式
image12
image11
安定感のある座って操作をするタイプです。

リーチ式
image5
image4
小回りの利く立って操作をするタイプです。

また、バッテリー式を数日間お使いになる場合、充電を行う必要があります。
お使いになる設備によって充電コードのプラグ部分の形状が異なります。

ツイストタイプ
image0


ストレートタイプ
image1

上記2枚は1例で実際には数種あります。
また、アンペア数も20Aのものと30Aのものがあります。
このプラグ部分が建屋のコンセント部分と一致する充電コードをご用意しております!

image8
image0.1

こちらが機体側の充電コードの差し込み口です。

充電にかかる時間は大体7~8時間程です。
最大稼働時間は約8時間ですが、こちらはバッテリーの状態や使い方によって差が生じますので
ご参考程度にして頂ければ幸いです!
また完全に充電を空にしてしまうと、通常の充電方法では充電できなくなってしまうので、
少し余裕を持って充電した方が良いかもしれません。


世界的に環境保全の為にCO2の削減が求められる昨今、
バッテリーフォークの需要も増えてくるかもしれません。
もしも条件に合うようでしたらバッテリーフォークのご使用も検討して頂ければ幸いです!


リフト商事株式会社とは・・・
フォークリフトのリース・レンタル・修理・中古販売・買取


リフト商事ホームページ:
リフト商事Twitter:


メルマガも配信中!登録お願いします!